本日の開館時間
12/10 (火)
2019年 12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

通常開館日 8:45 ~ 20:00

短縮開館日 8:45 ~ 17:00

休館日

臨時休館日

図書館カレンダー

12月

10

(火)

本日の開館時間

2019年 12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

通常開館日 8:45 ~ 20:00

短縮開館日 8:45 ~ 17:00

休館日

臨時休館日

いちだい知のトライアスロン
広島市立大学附属図書館

ビブリオバトル@広島市立大学を開催しました

2019年10月29日

10月26日(土)、附属図書館1階・いちだい知のトライアスロンコーナーで、ビブリオバトル@広島市立大学を開催しました。
本学でビブリオバトルを開催するのは今回が6回目となります。
学祭でにぎわう中、附属図書館もとっておきの1冊を手にした5名のバトラー(発表者)の書評合戦で盛り上がりました。

紹介本と出場者(バトラー)は以下のとおりです。[発表順]

①『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』 トッド・カシュダン, ロバート・ビスワス=ディーナー著/髙山大心さん(国際学部3年)
②『Film analysis : 映画分析入門』 マイケル・ライアン, メリッサ・レノス著/宮内沙也佳さん(国際学部4年)
③『月の影 影の海』 小野不由美著/早井千春さん(国際学部3年)
④『恋文の技術』 森見登美彦著/倉田裕貴さん(情報科学部1年)
⑤『自閉症の僕が飛び跳ねる理由』 東田直樹著/原彰吾さん(芸術学部2年)

「どの本が一番読みたくなったか」を基準に観戦者で投票を行った結果、『恋文の技術』がチャンプ本に選ばれました。
バトラーの倉田さんには、塩田附属図書館長から表彰状と副賞の図書カードが贈呈されました。

今年は、各々の自己紹介コメントとともに、ひょっこり本人が登場など楽しい演出も加えました。
“バトル”と名がついたイベントながら、会場全体の雰囲気も和やかなイベントになりました。
感想でいただいた「本の魅力と発表者の本が好きな気持ちが伝わりました」というまさにその言葉のとおり、どれも本への想いが伝わってくる素晴らしい発表でした。
バトラーとして、また観戦者としてご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

チャンプ本に選ばれた倉田さんは、11月3日(日・祝)広島県情報プラザで開催される地区決戦に出場します。